検索ネットワークの特徴

Google AdWordsはGoogleでの検索結果やGoogleと提携した様々なWebサイトやブログなどに広告掲載されるのがAdWordsです。

掲載場所を選択する事が出来たり、テキスト広告以外でも画像や動画を使った広告なども簡単に掲載できるという特徴があります。

専門用語が多く、言葉の意味を理解したり言葉自体に慣れるまではかなり苦労するかと思いますが、慣れてしまえば非常に簡単に運用できるようになるかと思います。

Googleの広告を掲載する広告枠は、Googleネットワークに参加しているWebサイトに掲載されます。Webサイト運営者がこのネットワークに参加するには規約に準拠すれば個人でも参加できるというのが特徴で、今現在においても広告の掲載場所は日々増えている状況です。

このGoogleネットワークですが、大きく2つに分類されます。

検索ネットワーク
本家本元Googleサイトの検索結果のページはもちろん、その他AOLやBIGLOBEなどのGoogle以外の検索パートナーの検索結果ページ、サイト ディレクトリ ページ、その他のユーザーの検索に関連するページのほか、Google AdSenseを導入している個人のホームページやブログなどのことを言います。
ディスプレイネットワーク
Google検索エンジンの検索結果ではなく、Googleと提携するWebサイトやGmail、YouTubeの画面に表示される広告のことを言います。GoogleがWebサイトの内容を分析し、サイトの内容とマッチした広告を表示してくれたり、リマーケティング広告と言って、一度あなたのWebサイトに訪れたユーザーを追跡して広告を表示することができるという優れもののアレです。

当然それぞれにはメリット・デメリットがあります。

まずは検索ネットワークの特徴を下記に記載していきます。

検索ネットワークのメリット

  • 商品を購入する意思があるユーザーを直接誘導できる
  • キーワードごとに成果が出るので効果測定などが容易であり運用しやすい
  • アクセス自体は少なくてもコンバージョン自体が高い
  • サイト自体にSEO対策を施していなくても検索結果の上位に表示させることが可能
  • 直接関係の無いと思われるキーワードにも広告掲載が可能

検索ネットワークのデメリット

  • 売れるキーワード自体に競合他社が集中し、クリック単価競争になりやすい
  • キーワード検索以上のアクセスを集めることが出来ない
  • あまりにもニッチ過ぎるキーワードに紐づいた商品やサービスにはアクセスが無い
  • 売れるキーワードへの入札単価が高沸しているため、広告費の少ない企業にとっては参入障壁が高い

などが挙げられます。

もちろん競合他社も同じように日々キーワードを研究したり広告文を変えたり研究してきています。しかしその中でも少ない広告予算でいかに成果を出すかという究極の課題に挑むことが可能なのがこの検索ネットワークによる広告であると思います。